オートオークションとは

MENU

オートオークションとは

オートオークション

車関係の業者が車売る時に利用できる選択肢の一つがオートオークションです。
日本国内では年間200万台以上が中古車として売買されています。
オートオークションではそれぞれの業者が中古車の仕入れと償却を行っています。

 

オートオークションはどこでやってるの?

 

大型会場が全国各地にあり、1週間に1回の頻度で実施されます。
千葉県野田市のUSS東京が最も大きな会場で、1日に1万台もの中古車が取引されることもあります。

 

車の販売価格はこんな風に決まるんです

 

販売価格は全国のオートオークションの相場を基準にしますが、販売する業者は必ず相場より高く設定します。

 

相場より安い価格で販売してしまうと、人件費や土地代などのコストをかけながら店頭で販売するメリットがなくなってしまうためです。
一方で査定価格も相場より高くすると、個人の消費者が車を売ろうとしても買い手が見つからなくなります。

 

オートオークションの会員がネットオークションで車を取引することは禁止されているので、オークションでは相場に限りなく近い価格に落ち着きます。
会場には検査員がいて、オークションに出す車を修復歴を含めて厳しくチェックしています。
公正な立場で評価するため、品質の悪い車を高く売ることはできません。
信頼性が高く、輸出するために外国人のバイヤーも利用します。

 

 

⇒【車を売る絶対得する売り方とは】のTOPに戻る