車売る場合のオプションパーツの価値とは

MENU

車売る場合のオプションパーツの価値とは

オプションパーツの価値

オプションパーツは車売る時に当然査定の対象となりますが、価値が高いものとしては後付けをすることが出来ないメーカーオプションがまず挙げられます。

 

これは新車購入時にしか取り付けることができず、後から欲しいと思っても手に入れることができませんから、査定でもプラスになりやすいのです。

 

車を売る時に純正オプションで査定額アップ

 

次にプラスになりやすいものとして、純正のオプションがあり純正の物はその車に一番マッチしたものとなっているだけに、査定額も上がりやすくなります。

 

社外のものが必ずしも評価されないかというと、そのようなことはなくカーナビのような社外品のほうが高性能なものの場合には社外品であっても高く査定をしてくれるので覚えておくと良いでしょう。

 

元々付いていた純正パーツはきちんと保管しておきましょう

 

また、元々ついてあったものを取り外して別のものに付け替えた場合、元々ついていたものもセットで査定に出すとその分だけプラスになることもあるので覚えておくと良いでしょう。

 

注意が必要な点としては、どのようなオプションでも必ず査定はプラスになるのかというとそうではなく、人を選ぶような社外のエアロパーツなどが取り付けられていた場合には逆に減額になってしまうという可能性もあるため、全てがプラスに働くわけではないということを覚えておきましょう。

 

⇒車の買取金額をアップさせる意外なパーツ
⇒車改造した時ノーマル部品を取っておいた方が良いのか

 

⇒【車を売る絶対得する売り方とは】のTOPに戻る