車改造した時ノーマル部品を取っておいた方が良いのか

MENU

車改造した時ノーマル部品を取っておいた方が良いのか

車改造ノーマル部品

車が好きな方は愛車を改造して乗ることが多いですが、その時に最初についていたパーツをどうするか考えることになります。
そのようなパーツは実は車売る時に重要になりやすく、とっておくといい条件で車が売れるようになります。

 

車買取業者は純正品のことどう考えているのか?

 

車を買い取る業者は買い取った車を、新品に近い状態で売りたい思っています。
そのため純正パーツがないと高い評価をしてくれず、いい値段では買取ってくれません。

 

改造した車のパーツは高価なものですが、そういう商品は基本的に殆ど評価されません。
そのため多額の費用をかけて改造した車が、安い値段でしか売れないこともあります。
そういう所があるので車を改造するときは、最初についていたパーツをとっておくことが重要になっています。

 

専門業者なら改造個所が査定アップになることも

 

また改造用のパーツは普通の買取業者は評価しませんが、専門の業者の場合は評価してくれることもあります。
そのためもし初期のパーツを処分してしまったときは、そのような業者を利用するのも手です。

 

車を改造したときはノーマル部品をとっておいたほうがよく、そうすれば車を売る時にいい条件で取引ができます。
ノーマル部品は別に付け替える必要はなく、パーツを持っていることを提示すれば業者は評価をしてくれます。

 

 

⇒車の買取金額をアップさせる意外なパーツ
⇒車売る場合のオプションパーツの価値とは

 

⇒【車を売る絶対得する売り方とは】のTOPに戻る