車売る時に必要な書類

MENU

車売る時に必要な書類

車売る必要書類

普通自動車を売る時に自分で用意する書類について

 

車売る時に必要な書類ですが、普通車の場合の自分で用意しなければいけない書類は、

  • 自動車検査証
  • 印鑑登録証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 実印
  • 振り込み口座(口座番号等のメモ)
  • リサイクル券(預託済みの場合のみ)

です。

 

自動車検査証の登録証明書の住所が違う場合は、以下のものも必要になりますので確認が必要です。

  • 住所変更が一度あった場合には新しい住所の住民票
  • 住所変更を複数回した場合は戸籍の附票または住民票の除票

 

結婚や離婚などで姓が変わっている場合は戸籍謄本が必要になります。

 

印鑑登録証明書は発行後1ヶ月以内のものが2通必要です。
車を売る店舗等で作成する書類は譲渡証明書と委任状になります。

 

 

軽自動車を売る時に自分で用意する書類について

 

軽自動車の場合の自分で用意しなければいけない書類は、

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車納税証明書
  • 印鑑
  • 振り込み口座
  • リサイクル券(預託済みの場合のみ)

です。

 

 

車を売る際にお店で用意してもらう書類について

 

店舗等で作成する書類は自動車検査証記入申請書です。

 

尚、必要書類が見つからない場合やなくした場合ですが、自賠責保険証 は保険会社で再発行してもらうことが出来ます。
無料の場合がほとんどです。
車検証(自動車検査証))は登録した陸運局で再発行してもらうことが出来ますが手数料がかかります。

 

納税証明書は管轄の都道府県税事務所で無料で再発行してもらうことができます。

 

 

 

⇒【車を売る絶対得する売り方とは】のTOPに戻る