自賠責保険と任意保険の違いと役割

MENU

自賠責保険と任意保険の違いと役割

自動車保険

車売る際に理解しておきたいのが、自賠責保険任意保険の違いについてです。
このふたつは、両方とも自動車保険であることに変わりはありません。
ですから自動車事故が発生して損失が生じた場合には、それぞれ条件に応じた補償金が、この保険から支払われます。
ただし自賠責保険と任意保険には大きな違いがあり、ひとつは加入に関してです。

 

自賠責保険は強制加入です

 

まず自賠責保険は強制保険とも言われている通り、加入に関しては法律によって義務付けられています。
ですから加入していなかった場合は、罰則の対象となります。
対して任意保険は、任意ですから加入は個人の意思に任せられています。

 

それぞれの補償範囲は

 

また補償範囲にも大きな違いがあります。

 

自賠責保険は、補償範囲は対人損失のみで、死亡またはケガに限られています。
そしてどちらの場合でも、支払われる補償金には限度が設定されています。

 

一方の任意保険は、対人は勿論のこと、対物事故、自損事故も補償範囲であり、またそれを自分で選ぶことか可能です。
補償金も契約によって選択することができ、対人補償に関しては金額無制限を選択することもできます。

 

任意保険には絶対加入することをおすすめします

 

これは、それぞれの保険に与えられている役割が異なるためで、自賠責保険は被害者に対する必要最低限の補償が役割です。
対して任意保険は、補償を充実させること、それにより被害者は勿論のこと、事故を起こしてしまった側に対する補償も行うと言う役割があります。

 

 

⇒【車を売る絶対得する売り方とは】のTOPに戻る