車売る時にキズ・ヘコミは修理した方がいいの?

MENU

車売る時にキズ・ヘコミは修理した方がいいの?

車のキズヘコミ

車売る時にキズ・ヘコミがあると査定に響くのではないかと気になってしまうものですが、これはそのまま査定に出したほうが有利です。
軽く磨いて落ちるような、線傷などは綺麗にしておくことによって印象も良くなって査定額アップに繋げることができる可能性もありますが、お金をかけてまで修理をするのであれば損なのでわざわざ修理をする必要はありません。

 

車買取店は自社で安く修理できるんです

 

自動車買取店は買取した車を整備して再び販売に回すわけですから、車をいくらでも安く修理をするための工場というのは抑えているものです。
そこで一般人がお金をかけて直したところで、自動車買取店よりも安く修理をすることができるわけではありませんから、損になってしまうということです。

 

修理代より査定額が多少減額するほうが結果的には得することに

 

つまり、修理をすることによって査定額自体は上がるものの修理にかかった費用以上に査定額が上がるということはありませんから、わざわざ修理をしても無駄にお金をかけてしまうというだけにほかならないのです。

 

そのため、売りに出すことがはっきりと決まっている車であれば減額されてしまうのは承知のうえで、そのまま査定に出したほうが結果的には得をすることになります。
傷やヘコミの減額は避けられませんが、それ以上に損することは避けることができます。

 

⇒車買取前に洗車は大切か
⇒車売る時ののタバコ臭対策

 

⇒【車を売る絶対得する売り方とは】のTOPに戻る