車売る時のタバコ臭対策

MENU

車売る時ののタバコ臭対策

車のタバコ臭

タバコを吸っている人というのは本人はあまり気にならないかもしれませんが、周りからすればその臭いというのはかなり気になるものです。
そこで問題となってくるのが、タバコを吸っていた車売るときなのですがタバコの臭いがついているとどうしても査定額は下がってしまいます。
タバコの臭いが染み付いていても気にならないという人はいても、タバコの臭いが染み付いている方が良いという人はいませんからマイナスになることはあってもプラスになることはありません。

 

車を売る前に消臭対策をしておきましょう

 

そのため、喫煙車を売るなら売りに出す前に消臭をする必要があるのですが、消臭剤を車内においておく消臭スプレーを吹きかける天気のいい日にドアを全開にして日光に当てるなどを試してみましょう。
臭いはすぐには取れませんからしばらく続ける必要がありますが、売りに出す前にこれらのことをすることによってタバコの臭いを大分軽減することができます。

 

完全に臭いを取り去ることはできなくても、ほとんど気にならない程度にまで消臭をすることができれば、減額も最低限ですみますから車売る時には事前に消臭をするようにしましょう。
タバコの臭いがしないと思っていても、本人が気づいていないだけのこともあるので少しでも高く売るには絶対に必要なこととなります。

 

⇒車買取前に洗車は大切か
⇒車売る時にキズ・ヘコミは修理した方がいいの?

 

⇒【車を売る絶対得する売り方とは】のTOPに戻る